FX

◆来週(9/14週)の作戦。長期ループイフダンはこのまま。くるくるワイドは現在のと並行して第4回をドル円で行うか検討中。

現在の稼働中のループイフダン

USD/JPY B50 損切なし 数量:7 最大ポジション:4〔2020/7/24~〕
EUR/JPY S120 損切なし 数量:12 最大ポジション:4〔2020/7/6~〕
EUR/JPY B80 損切なし 数量:4 最大ポジション:6〔2019/12/13~〕
EUR/USD S100 損切なし 数量:3 最大ポジション:4〔2020/4/20~〕

2020年9月14日からの作戦

(1) 長期ループイフダン
メインの投資方法。基本は「動かざること山の如し」。
今最前線で戦っているのが、USD/JPY B50、EUR/JPY B80。
EUR/USD S100、EUR/JPY S120はトレンドが反転(下落)するのであれば援軍を出すのですが、まだその先になりそうです。

(2) くるくるワイド的なループイフダン
ループイフダンの長期ポジションとくるくるワイドの本体を相殺することでこれ以上の評価損(率)悪化になると思っています。
現在はユーロ円で第3回を実施していますが、次にドル円を救出するべき第4回目を考えています。

第4回目をドル円で実施する場合に、①本体を買いにするか、②本体を売りにするかは悩ましいところです。

①本体を買い
これ以上の買いポジションを増やすのはリスクを増やすだけなので、現在の買いポジションを本体と見立てて=「仮想本体」、トラップは売りを建てる。買いポジションを増やさないのであれば、今よりもリスクは増えない??

②本体を売り
今の買いポジションと同じ分か、それ以上を本体(売り)として、今のループイフダンをトラップとして扱う。

どちらも面白いが、ドル円自体は長期的には下落しているので②の方がいいのかな。。。考え中。

ドル円週足

ドル円は方向性が定まらないです。
チャートは陽線を出していますが、これは平均足なので注意してください。
菅首相が誕生したら変わるのですかね?
ただ確実に言えるのはドル円はジワリジワリ下降しているということです。

ユーロドル週足

ユーロドルは1.8467で平均足で陰線が登場しました。
とは言うものの、こちらも方向性が明確でないような気がします。

ただ下降の動きも見られますが、各インジケータはまだトレンドを示しているので、下目線にしていいかは考えもんです。

ユーロ円週足

ユーロ円も全く動いていないです。
ユーロ円は現在の主戦場ですが、長期ループイフダンは下、くるくるワイドは上を狙っているのでしばらくはこの価格くらいで上下に動いて欲しいです。

豪ドル円週足

先週より、くるくるワイドで狙うには、いい通貨ペアだと思いウォッチすることにしています。本体をロングしますとユーロ円はスワップがマイナスですが豪ドル円はスワップがプラスに働かくからです。

豪ドルは米国、欧州通貨より強いですね。