一年の計は元旦にあり(2020年) ~株、株、株~

「一年の計は元旦にあり」は計画を早く建てましょうという意味。それならば今日(12/28)から計画を立てることにします。

<株>
株は2つの視点で投資しています。
1つ目は短/中期、高値切り上げている銘柄に投資して、ある程度の利益が出たら売却しています。
2つ目は長期、配当性向が高かったり、株主優待が魅力的な銘柄に投資して、長期間保有します。売却についてはあまり考えないようにします。

短期/中期の株式投資は、
(1)売却(終了)基準を明確にします。これは年が明けたらすぐに取り掛かってブログに掲載します。
(2)2020年の売却益は200,000円です。2019年は50,000円程度だったので4倍を目指します。

長期の株式投資は、
(1)エントリーの基準を明確にします。 これも年が明けたらすぐに取り掛かってブログに掲載します。
(2)2020年の配当益と株主優待の合計を100,000円を目指します。